「タブレットを活用した新時代の教育システム」セミナー&ワークショップ

琉球フィルハーモニックオーケストラ

Facebook Twitter

「タブレットを活用した新時代の教育システム」セミナー&ワークショップ

2013年4月13日(土)、タブレットPCを使った遠隔双方向授業
「タブレット PC を活用した新時代の教育システム」セミナー&ワークショップ(ロシア/サンクトペテルブルグ、東京、沖縄)を世界に先駆けて行います。

news20130404_1news20130404_2


セミナーチラシのダウンロードはこちら

日時:2013年4月13日(土)13時〜15時30分
会場:てんぶす那覇 ギャラリーホール
備考:入場無料、お申し込みは、琉球フィル事務局080-6497-8049へ

当日は、Realtime LMS(Learning Management System, 第8回日本 e-learning 大賞奨励賞を受賞)の
開発者である琉球フィル副指揮者:後藤正樹の講演「世界と教室が直接結ばれる新時代の教育システム」も開催されます。

後藤 正樹 profile(教育者、オーケストラ指揮者)

東京大学大学院総合文化研究科、洗足学園大学指揮研究所を卒業。
日本各地のオーケストラ・合唱団を指揮。また教育活動として、代々木ゼミナール講師、Z会やベネッセなどの教育系企業へのシステム構築、コンサルティングを行う。 

慶應義塾大学特任招聘教授 夏野剛氏のもと独立行政法人 情報処理推進機構
「未踏IT人材発掘・育成事業」において2012年スーパークリエータに認定される。

自ら開発したラーニング・マネージメント・システム(LMS)で、
第8回日本e-learning大賞奨励賞を受賞。現在、ベストティーチャーCTO、日本デジタル教科書学会監事を務める教育者。

2012年より、(社) 琉球フィルハーモニー管弦楽団副指揮者。

タブレット PCによって遠隔で行われる一斉授業(英語、算数、講師/東京、生徒/沖縄)は極めて斬新な試みですが、さらに今回は、ロシア/サンクトペテルブルグからエルミタージュ音楽財団総監督/作曲家であるセルゲイ・エフトゥシェンコ氏による音楽授業(即興演奏実演、講師/ロシア、生徒/沖縄)も開催されます。

セルゲイ エフトゥシェンコ profile
(作曲家作曲家 / ピアニスト / エルミタージュ音楽財団総監督)

media20130404_3

サンクトペテルブルグ建都300周年を記念して制作された映画「エルミタージュの幻想」(アレクサンダー・ソクーロフ監督)を作曲。その後、フィンランドとロシアの合作映画「RAJA1918」で、Jussi Awardsにおけるベストミュージック賞にノミネートされる。2009年マイケル・ホフマン監督、ヘレン・ミレン主演による映画「終着駅トルストイ最後の旅」を作曲した。ピアノ即興演奏には天才的なものがあり、SONYが演奏を依頼した折、その場で8時間連続で、多彩な即興演奏をしたという逸話をもつ。この時の演奏は、6枚のCDセットでリリースされている。

当日セルゲイ氏は、Erarta Museum and Galleries of Contemporary Artというロシアで最大規模の現代美術館にて授業を行います。

news20130404_4


news20130404_5